おせち料理に込められた意味や願いについて

おせち料理にはそれぞれに意味が込められています。


それらの意味をきちんと理解しておくことで、より充実感のあるお正月を迎えられますし、有り難い気持ちで食すことができます。

最近では各家庭で手作りするようなことも少なくなり、料理に込められた意味に関して思いを馳せる機会も少なくなりました。


それどころか、詰め込む料理もバラエティーに富んできているため、中華料理や洋食系のおかずが増えてきてしまい、意味のある従来のおせち料理を食べる機会すらあまりない家庭も増えてきてしまっています。

では、具体的にどのような意味が込められているのでしょう。


まず、おせちの定番である「黒豆」には、一年を通してまめ(真面目)に働き、まめ(健康的)に暮らせますようにという願いが込められています。
縁起の良い色味が特徴的な「紅白かまぼこ」に関しては、半円型の形が日の出に似ていることから新しい門出に相応しいとされていて、個別に紅は魔除け、白は清浄を表わしているとされています。
子どもたちが好んで食べる傾向の強い「伊達巻」は、見た目の豪華さで定番となっています。

おせちの口コミ情報を掲載しています。

巻物の形は書物に似ているということから、学問や文化を意味しています。



学問や習い事の成就を願って食べるようです。このほかのおせち料理にも色々な意味や願いが込められており、一年間の健康や成功等のための縁起物として、古くから用いられてきました。



こういったことを知っているか知らないかでは、食事への有り難みが変わってきますし、一年の初めに抱く決意にも大きく影響してくることでしょう。